生命保険加入のベストなタイミングって?

NAVI
生命保険加入のベストなタイミングって?
生命保険加入のベストなタイミングって?

保険料の仕組み

多くの方が何らかの生命保険に入っていると思いますが、みなさんは月々、あるいは年間どれくらいの保険料を支払っていますか。
生命保険の保険料は加入した年齢や保障内容、あるいはその内容が似通っていても保険会社によって異なるものです。
では、生命保険の保険料というのはどんな仕組みで決定されるのかについて考えてみたいと思います。
基本的に保険料というのは「予定死亡率」「予定利率」「予定事業費率」という3つの予定率によって算出されています。
まず「予定死亡率」というのは、ある年齢の人が一定期間に亡くなる割合を意味しています。
平均寿命などという言葉を耳にしたことがある方も多いと思いますが、ある年齢の人がその後どれくらいの期間生存しているかという数字が男女別で計算されているのです。
当然若い人ほど保険料が安いのは、若ければそれだけ生存期間が長くなり、死亡する確率が低くなるからなのです。
この「予定死亡率」というのは、「標準生命表」といって、金融庁がその数値を検証しているものなので、保険会社が勝手に算出することはできません。
つまり、保険会社によって予定死亡率が異なるということはないのです。
次に「予定利率」とは各保険会社の運用見通しによって算出される数字になります。
保険会社は預かった保険料を様々な投資で運用していますが、その運用収益の予測によって利率が変化します。
運用益が高くなれば、その分保険料が安くなるということになります。
しかし、この予定利率は保険会社間で大きな差はほとんどありません。
つまり、予定死亡率と予定利率に関してはどの保険会社でもほぼ同じであり、保険料に影響は与えることはなく、保険会社によって保険料の違いが出るのは「予定事業費率」ということになるのです。
「予定事業費率」というのはコストのことであり、単純に言えば事業コストを低く設定している保険会社ほど保険料が安くなるということになるのです。
営業員を使わずにネット販売を中心にしている保険の保険料が安いのはこのためです。